2014年11月30日

NPO無施肥無農薬栽培研究会(無肥研)を考える

NPO無施肥無農薬栽培研究会は本部が京都左京区を拠点とする無施肥無農薬栽培について調査・研究を行なう特定非営利活動法人です。(略称:NPO無肥研)。
2000年7月 近畿大学名誉教授である竹内史郎を理事長として、京都府よりNPO法人として認証された。
主要活動
無施肥無農薬栽培の調査・研究
無施肥無農薬栽培生産物の認証
毎年、物産展による成果展示を行う他、近畿大学農学部の協力のもと研究調査の発表を行っている。
ここまでは、ウィキペディアより

よく会議に黎明さんの会場を使用するのは、岡田茂吉さんを教祖とする信者さん世界救世教の分派の黎明教会さんが多くかかわっていると思われます。又、FF農法との関わりも多そうです。

NPO無肥研で検索していただければ出てきますが生産者さんの数も全国で100軒もないと思います。
その団体が独自の基準に合格し、無肥研の生産会員さんの栽培した野菜やお米にシールを張り付けます。
そのシールは全国的に通用するシールでもなんでもありません。

流れとしては、生産者会員に申請し、圃場を確認、研鑽したのち認定された生産者の野菜にシールを張るといった流れです。
チョット怪しいのが、認証とシールです。やはりどちらも費用が掛かります、ある意味経費は必要ですが認証マークの必要性が私にはわかりません。有機農法のJAS認証マークの真似でしょうか?費用が掛かるとどこかで利益が生まれているような気がします。

先ほども少し触れましたが、FF農法との関わるが多いのは、私の思う真の自然栽培・自然農法からちょっと外れた路線の流れのような気がします。

あくまでも個人的な意見ですのであしからず。




posted by 自然野菜大好き at 16:59| 愛知 ☁| Comment(0) | 自然栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。