2012年03月14日

どうした、木村秋則さん。

最近、久しぶりに木村秋則さんの話を聞きました。

??? チョット話がおかしいぞ、感じたのは自分だけでしょうか?

私の農法は、自然農法では無い、はっきり断言しました。
私の農法は、自然栽培だ、「自然栽培」の言葉は私が作った言葉です。
「自然栽培は私が作った栽培方法」といわれていました。

その部分は、あまり気にかからなかったのですが、

世間では、木村式お米とか、木村監修野菜とか、溢れてきていますが、
原則、無農薬、無肥料をうたい文句にしています。

木村さんも、無農薬、無肥料を提唱しています。
が、お聞きした、野菜の栽培方法に、やたら大豆との混植を進めます。

何故大豆なのか?答えは簡単です。
マメ科の植物は、根にチッソを固定する性質を持っているからです。
木村さん曰く、一本の大豆の根には一トンの堆肥に比例する植物を育てる為の栄養があると言っていました。

「2〜3年大豆を植えたら、しばらくは何もしなくてもよい、又出来が悪くなれば大豆を植えなさい。」

この部分です。???  無肥料栽培が原則の自然栽培、土を作るのに大豆を使用するのは良いとして、出来が悪くなったら、又大豆を植えなさい???

結局、大豆の根に付く根瘤を肥料代わりに使うだけ、別に大豆でなくても、植物性の肥料(米糠・油粕・ぼかし肥料とか)を入れれば良いじゃんて話かなと思っちゃいました。

木村さんは、自然栽培で植物が育たない場合の説明(肥毒層が邪魔をしている)をしていました、又、肥毒のとり方の説明(麦科の植物を植えなさい)もありましたが、

最後の最後に大豆に頼りましょうでは、なんかおかしいと思ったのは私だけだったでしょうか?


それと、なんかへんな取りまきが居る様な気がしています。  カンバック木村さん






posted by 自然野菜大好き at 09:38| 愛知 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、私は
「結局、大豆の根に付く根瘤を肥料代わりに使うだけ、別に大豆でなくても、植物性の肥料(米糠・油粕・ぼかし肥料とか)を入れれば良いじゃんて話かなと思っちゃいました。」
という部分の発想が、逆に「肥料信仰」に毒されていると感じました。
なぜ天然の生きた植物がやってくれることを、わざわざ人間が加工して作ったもので間に合わせたいと考えるのでしょうか。
生きた大豆に頼ることと、加工した肥料に頼ることは同等のことなのでしょうか。
私は明らかに違いがあると思いますし、その違いがそもそも自然農法と従来の農法の違いであると思うのですが・・・。
結局、自然農法を受け入れたくない気持ちが心のどこかに残っているのではないですか?
せっかく自然農法を学ばれているなら、逆行はしないで、もっと深く真意を理解することに尽力されてはいかがでしょうか。
Posted by m_megu at 2013年04月30日 08:50
木村興農社の熊田さんのお話を聞いたことがあります。自然と栽培は相反することとおっしゃっていました。木村さんは自然栽培というより木村式農法といった方が自然だと感じました。
漁業に例えると「天然養殖の鯛」と言っているようなもの。農薬を使わない、肥料を使わないなどの栽培に賛同しますが、「自然栽培」の4文字塾後には反対です。 
Posted by 片山 義隆 at 2014年09月25日 07:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。