2013年02月16日

カマス的農家になるな?

カマスとは魚のカマスの事です。
カマスを水槽に入れ水槽の中央に透明の仕切り板を沈めます。
カマスは右側、仕切り板の左側にカマスの好きな餌を放します。
カマスは左側にいる餌を食べようと左側に泳いでいきます。
しかしそこには透明の仕切り板がある為、頭をぶつけ痛い思いをします。
餌は食べられまいと左側に寄っています。
中央の仕切り板を外します。
しかし一度痛い目をしたカマスは、左の餌を食べにはいきません。
一度、痛い思いをすると警戒して同じ行動が取れないのです。

営業はカマスではいけない、断れる(一度頭を叩かれる)ことから始まるのが営業です。
カマス的営業マンになるなと会社の社長から教えられた事を思い出しています。

農業も同じです。一度失敗した野菜を出来ないと諦めてはダメです。
その年の気候の加減で立派に育つこともあるからです。

失敗して学ぶこと多いですね。







posted by 自然野菜大好き at 19:38| 愛知 ☀| Comment(1) | 自然栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。