2012年09月16日

自然栽培の畑には虫がいない!を考える。

自然栽培の畑には虫がいない!を考えてみます。

自然農や自然栽培の畑には虫がいないと言う人がいますが、とんでもない話です。
自然農や自然栽培の畑にも虫はいます。いないのがおかしいし、いて当然なのです。

しかし、明らかに有肥料の畑よりは虫は少ないです。
なぜか、答えは簡単です。虫はにおいのあるもの(たぶん窒素分?)によって来るのです。
簡単な例をあげますと、犬の散歩途中犬が糞をする、観察するとすぐにハエがたかります。
近くに牛舎や豚舎、鶏舎がありますが、舎の周りは虫が多いです。

有機農法や慣行農法は、有肥料です。家畜の糞尿も投入します。当然、自然農や自然栽培の畑に比べ
土のにおいが違います。明らかに臭いが多いです。ですからいろんな虫が寄ってくるのです。

自然農や自然栽培の畑には虫がいないと言う人は表現がおかしく、虫は少ないというべきです。
posted by 自然野菜大好き at 08:26| 愛知 ☀| Comment(0) | 自然栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。